無料
エロ
動画
熟女、マダム、人妻、若妻、ミセス、奥様などの画像動画を紹介していきます。芸能人のヌードもあるよ。
  • 2017/05
  • 2017-06 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/07
ミー画像動画
2007年08月18日(土) 18:05
ピンク・レディーは、1970年代後半、日本で最も人気のあった歌手、アイドルデュオ。多くの楽曲を阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)のコンビが手がけた。

ミー(現:未唯、本名:根本美鶴代、1958年3月9日 - 、A型、静岡県静岡市葵区出身)とケイ(現:増田惠子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)、1957年9月2日 - 、O型、静岡県静岡市葵区出身)の2人組。

来歴

常葉高校(現・常葉学園高校)卒業後の1976年8月25日にシングル『ペッパー警部』で歌手デビュー。中学、高校時代に同級生だった二人は”クッキー”というデュオを結成し歌手を目指していた。デビューのきっかけとなったテレビ番組『スター誕生!』出演時は、二人おそろいのオーバーオールを着、素朴な雰囲気で登場。歌も当時ほとんど無名に近かった、フォークグループの曲(ピーマンの『部屋を出てください』)を唄う事で、逆に注目され、合格する。

しかし、後に増田恵子(ケイ)は素朴な田舎っぽいイメージはオーディション番組に受かるための手段で、当初より歌って踊れる歌手を目指していたといっている。当時のテレビ局関係者には素朴な田舎娘だったとの印象が今でも強いらしく、フォーク歌手指向と語られることが多い。グループ名が『白い風船』になりかけたこともあった。

しかし歌手デビューに際し、全く異なるキャラクターにプロデュースされ変身。手足を露出したキラキラ光る生地のミニの衣装。リズムやビートを強調した曲調。郊外の田園風景が似合う素朴な二人組が、アメリカのショー歌手も顔負けの派手な歌謡デュオになったのである、大胆に太ももを開いたりする激しくセクシーなダンス、デビュー当初は成人向け深夜番組の出演が多かった。ちなみにピンク・レディーとは都倉俊一の命名であり、有名なカクテルの名前に由来する。

同様の歌手としては1970年代前半に人気を博した山本リンダなどの前例もあるが(ちなみに山本の曲も阿久悠・都倉俊一コンビ作が多い)、山本などが“大人の女”の色気を売りにし夜のイメージを感じさせたのに対し、ピンク・レディーは夏の浜辺のような明るく健康的なムードなのが対照的だった。デビュー直後にはキワモノ的な見方もされたが、まずは当時の子供たちが振り付けを熱心に覚えて真似をし始めた。

そのため山本リンダに代表されるかつてのセクシー歌手とは対照的に、老若男女に幅広く人気を獲得することに成功。レコードが大ヒットするだけではなく、人気が高まるにつれ衣料品や文房具、食器、果ては自転車や食品まで多くの業種のさまざまな商品に彼女らの姿がプリントされたキャラクターグッズが販売され、ピンク・レディーという存在は想像を絶する巨額の経済効果を派生させることになった。

ピンク・レディーは1970年代前半のアイドル天地真理の人気を塗り替え、さらに時代を象徴するスーパーアイドルになったと言える。1978年のブロマイドの年間売上成績でも人気No.1に輝いた。 また『サウスポー』のように、男女の恋愛を直接のテーマとしていない曲も、当時の歌謡曲には見られない特徴的なものだった。

2年ほど早くデビューしていたアイドルグループキャンディーズと比較されることが多いが、キャンディーズは基本的には同世代の青年男性に支持されており、古典的なアイドルだったと言える。一方でピンクレディーは小学生女児など女性層にも非常に人気があり、男女両性から人気を得ていたのが対照的である。当時のレコード売り上げ枚数などはピンクレディーの方が圧勝していた。

人気は爆発的に高まり、オリコンで連続9曲1位(この記録は女性グループアーティストによる通算9曲首位も兼ねており、この記録も2006年11月20日付にてモーニング娘。の『歩いてる』が10作目の首位となるまで抜かれていなかった)、5曲連続ミリオンセラー(オリコン)、10曲連続ミリオンセラー(出荷)は、当時の新記録。シングル首位獲得週数63の記録は現在もまだ破られていない(2007年現在)。

ピンク・レディーの人気としては1977年〜1978年が絶頂期と言えるだろう。ちなみに、人気ロックグループサザンオールスターズのデビュー曲『勝手にシンドバッド』は、沢田研二の『勝手にしやがれ』とピンク・レディーの『渚のシンドバッド』のふたつの曲のもじりである(それ以前に『8時だヨ!全員集合』で志村けんが「勝手にシンドバッド」というギャグを披露しており、サザンは志村をパクったとも言える)。両曲とも1977年の大ヒット曲であり、この時期のピンク・レディー人気がいかに巨大な存在だったかを物語っている。『渚のシンドバッド』は歌詞に「セクシー」という言葉が登場するが、これは日本のメジャーな歌謡史上で初めて使用された例だとされている。それでいて歌全体に淫靡なムードが漂わない辺りが、ピンク・レディーという存在の独特な個性だったと言えるだろう。

作詞の阿久の作風を反映して、若者の性の奔放さを題材にした『ペッパー警部』『渚のシンドバット』、UFOブームを反映した『UFO』、王貞治のホームラン記録ブームに乗じた『サウスポー』など、時代の流行が伺える楽曲が多い。また歌の内容に合わせた衣装も特徴的で、『UFO』の宇宙的コスチュームや『サウスポー』のピンクのユニフォーム、『カメレオン・アーミー』『透明人間』に至ってはTV番組で衣装の色が変わったり二人の姿が消えるなどの演出で話題を呼んだ。

当時女児の間ではピンク・レディーの振り付けの真似が大流行し、完璧に踊れるのが当たり前と言われた。ちなみに『探偵!ナイトスクープ』2001年2月9日放送分の「30代の女性は皆ピンク・レディーの振り付けを踊れる?」の調査でも、街頭インタビューを行った一般の女性達が次々と完璧に『UFO』『サウスポー』などを踊りこなし、当時の人気振りを偲ばせた。

当時フィーバーやアパッチなど、ピンク・レディー人気にあやかろうと亜流といえる歌謡グループが複数登場したのも人気を物語るエピソードである。余談だがアパッチには荻野目慶子・洋子姉妹の上の姉が在籍していたと言われる(慶子は次女、洋子は三女)。

ただし人気絶頂の時期に『NHK紅白歌合戦』出場を辞退して日本テレビ系の裏番組に出演したり、アメリカのショービジネスの世界に進出して日本のマーケットを留守にしたことが、結果として人気に悪影響を与えてしまった。当時の『紅白歌合戦』は文字通りの国民的お化け番組であり、ピンク・レディーが出演した裏番組は惨敗する結果になった上、NHKとの関係にも遺恨が残ったと言われる。

アイドル歌手では一般的なことだが、活動方針やイメージ戦略などはピンク・レディー本人(ミーとケイ)が立案しているのではなく、所属事務所など周囲の関係者が行っていた。多忙がたたり、当時の仕事の現場はダブルブッキングなどは日常茶飯事な状態であった。ミーとケイは、デビュー当時からは寝る間もないほど仕事をさせられていたため、自分たちの実際の人気度が全く分からなかったと後述している。爆発的な人気が出た後には、前述の紅白辞退やアメリカ進出で負の遺産を背負い込まされることになり、自らの意志とは別の次元で悲劇的な運命に翻弄されることになった。

1979年頃からその人気は急速に陰りを見せ、1980年頃にはテレビでの人気者扱いではなくなっていた。そして1981年、雨の後楽園球場でピンク・レディーは解散コンサートを開催する。活動期間は4年半強。

解散後はそれぞれ女優やタレントとして活動しており、「愛のエプロン」では、未唯・増田双方とも抜群の料理の腕前を披露している。また数度の再結成を行っている。

二人でテレビ出演する際の衣装は増田がピンク・未唯はブルーで登場することが多い。これは現役の頃から今までも増田がピンクが大好きだということの表れである。

ミー画像


ミー画像


ミー画像

有料【人妻/熟女】動画サイト
エッチな0930パコパコママ0930は痴女?万華鏡を徹底検証!


 | HOME | 


エッチな0930人妻熟女動画でエッチをのぞき体験レポート
熟女、人妻に特化した無修正動画を安全に見る方法を詳しく検証!必見!

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close