無料
エロ
動画
熟女、マダム、人妻、若妻、ミセス、奥様などの画像動画を紹介していきます。芸能人のヌードもあるよ。
  • 2017/09
  • 2017-10 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/11
原悦子画像動画
2007年08月04日(土) 18:36
次原 悦子(つぎはら えつこ 1966年 - )は、日本の実業家。中田英寿や為末大などをPR、マネージメントするサニーサイドアップ社長。

人物

1985年、彼女の母が代表で、次原悦子と同級生(現在サニーサイドアップ常務)の3人でサニーサイドアップを起業。初期は、「ふきこぼれしない鍋の蓋」などの商品をPRしていた。

スポーツ選手や文化人のイメージを企業や商品のコマーシャルに売り込むビジネスモデルを独自に確立した。特に中田英寿とは、19歳の時にマネージメント契約を結んだ先見性を持ち合わせ、この手腕は高く評価されている。

また、37歳で癌で死亡したサーファーの飯島夏樹の自伝エッセー『ガンに生かされて』、『天国で会えたら』を30万部以上売上げ、ドキュメント番組を手がけるなどの辣腕ぶりも示す。本人は、「アーティストを現役の間だけでなく人生も含めてサポートする」、「飯島夏樹の奥さんや子供の生活を数年保証するだけの財産を作って挙げられた」等のコメントしている。ただし、中田英寿と同時期に青田買いした前園真聖に関しては早々にマネージメント契約を打ち切り、週刊誌で中田を買った女、前園を捨てた女などと非難されるが、本人は動じず。(なお、彼が引退後に再度契約[1])。

また、最近ではイギリスのクリップビデオを見てひらめいたという、ホワイトバンドを日本に導入。ホワイトバンドを中国の工場で生産する道筋をつけ、20年かけて培ってきたノウハウや、人脈を活かして、PR戦略のプランニングを行う。東京FMで親交のある村上龍の番組に出演した際には、ホワイトバンドに対し、「チャリティーでなくよこしまな気持ちがきっかけ」と本音も漏らした。一部では、乙武洋匡のマネージメントで得た「善意を前面に出して自社の利益を最大化するビジネスモデル」をホワイトバンドでも実践したと非難する意見もある。


原悦子画像


原悦子画像


原悦子画像

有料【人妻/熟女】動画サイト
エッチな0930パコパコママ0930は痴女?万華鏡を徹底検証!


 | HOME | 


エッチな0930人妻熟女動画でエッチをのぞき体験レポート
熟女、人妻に特化した無修正動画を安全に見る方法を詳しく検証!必見!

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close