無料
エロ
動画
熟女、マダム、人妻、若妻、ミセス、奥様などの画像動画を紹介していきます。芸能人のヌードもあるよ。
  • 2017/07
  • 2017-08 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/09
江波杏子画像動画
2007年08月24日(金) 21:58
江波杏子(えなみ・きょうこ 、1942年10月15日‐、本名:野平香純=のひら・かすみ)は、日本の女優。パパドゥ所属。天秤座のA型。非公式だが「えなきょん」と呼ばれることもある。芸名の由来は江波は母親の「江波和子」、杏子は室生犀星の「杏っ子」から取ってつけた。東京都出身。

来歴・人物・経歴

1960年、大映「明日から大人だ」でデビュー。当初から悪女系の女優として密かな人気を集め、1966年に負傷した若尾文子から代って主演した「女の賭場」が出演本数58本目にして初の主役となった。女賭博師を題材にした映画で「昇り竜のお銀」として大ブレークし、後の女性任侠映画にも大きな影響を与えた。倒産寸前の当時の大映で座頭市シリーズに次ぐ人気シリーズとなり1971年の「新女賭博師・壺ぐれ肌」まで17本が制作された。

* 曾祖父が、最後に沖田総司をかくまった植木職人の柴田平五郎。
* スリーサイズは、B89w57H90(1969年当時)。
* 母・江波和子も戦前に映画女優として東宝で活躍し、その影響で高校生の1959年に大映入り。中学生の時から女優志望で、動機は母の仕事を継ぎたい一心だったらしい。

1973年、映画「津軽じょんがら節」の主演で見事キネマ旬報主演女優賞を獲得。ヤクザ映画のヒロインから完全に脱皮を遂げた。

日本人離れしたシャープで個性的な美貌と、都会的な雰囲気、豊満な肢体の持ち主のため、新鋭写真家達の人気の的で60年代〜70年代はモデルとして見事なヌードも披露し、グラビアでも大活躍した。その後は演技派女優として映画だけでなくテレビドラマや舞台でも活躍。近年では東京電力のCMに鈴木京香の姑役、怖くて少しユーモラスなおばあちゃまを好演した。

エピソード

* 大映ニューフェイスのオーディションの時、16歳だった彼女は年齢を一歳上にサバ読んだ。母親が女優だったことは言わなかったそうだ。
* 映画「女賭博師シリーズ」出演当時、新幹線の中で、ヤクザに「姐さん、きょう西成で賭場がひらいてます」と言われたらしい。
* 本当は映画「女賭博師シリーズ」のような古風な役をやりたくなくてフランス映画のような作品に出たかったらしい。気持ちの切り替えのために、休日は金髪&ミニスカートで闊歩していたらしい。
* 派手な外見と相反して読書が趣味。新聞を読むのが一番の楽しみ。
* 毎日欠かさず発声練習、ストレッチを30分やっている。体が驚くほど柔らかい。
* 人気ドラマ「Gメン'75」のヨーロッパロケ中にスリ被害にあった。
* 大映時代、縦社会にうんざりして時には先輩に反発していたというロックな一面も。
* ホテルに滞在してる時、トイレから戻ってスカートをパンストの中に巻き込んだままロビーまで来てしまったことがある(「徹子の部屋」より)。
* 一日で禁煙をやめた。( 「笑っていいとも!」で発言)。
* かなりの酒豪でブランデーを一晩で一本空けた事がある。

江波杏子画像


江波杏子画像


江波杏子画像

有料【人妻/熟女】動画サイト
エッチな0930パコパコママ0930は痴女?万華鏡を徹底検証!


 | HOME | 


エッチな0930人妻熟女動画でエッチをのぞき体験レポート
熟女、人妻に特化した無修正動画を安全に見る方法を詳しく検証!必見!

Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET
close